介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設は3種類あります

人材紹介会社を活用しましょう

看護師さんの就職先、転職先としての選択肢も増えてきています。

転職サイトを見てみると、もちろん病院、クリニックをはじめとする医療機関からの看護師求人が多いのですが、介護施設からの募集案件も増えてきている事がお分かりになるかと思います。

介護施設と一口にいっても施設の種類は3種類に分かれます。

看護師として転職を考えるにあたっては、施設毎に入所されるご利用者の健康状態などが違ってきますので、事前の情報収集が重要です。

介護施設で働く看護師の役割・仕事内容もそれに伴って変わってきますから、もし優先したい仕事内容などがあればそれに沿った求人を探していきたいところです。

こうした希望も含めて老健、特養、有料老人ホームなどの看護師求人を探す際には、人材紹介会社を活用して希望に沿った求人を探してもらうと良いでしょう。

ご自身で探してはいくら時間をかけてもなかなか探しきれるものではありませんし、多くのナースの転職支援をしていきている人材紹介会社には、他の方が転職した際のノウハウもありますから、ぜひ利用して頂きたいと思います。

介護施設の種類について

介護施設の種類ですが、3種類あります。

・介護老人保健施設
・特別養護老人ホーム
・有料老人ホーム

この中で最も看護配置が多く設定されているのが、介護老人保健施設です。

利用者数100名につき、看護師は9名の配置が必要です。
また、医師も常駐し、24時間看護、医療処置もあることが他の介護施設と大きく異なります。

特養、有料老人ホームは基本的に日勤のみ勤務で、オンコールありとなります。

介護施設の看護師として働く事を希望される場合には、こうした違いも理解した上で求人探しをしたいところです。

どういった看護をしていきたいか、といったことから職場選びをする方も多いと思いますので、事前の情報収集はできる限り行う事をおすすめいたします。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る