介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老健ナースの仕事を辞めたくなったら

今の老健が不満なあなたへ

老健で看護師として働く過程で、辞めたくなる時がありますよね。

想像以上に夜勤やオンコール待機が多かったり、介護スタッフとの仲が悪かったり、介護士のスキルが低いことが不満だったり…色々なことがあると思います。

しかしどのような職場でも(老健でも病院でも)、多かれ少なかれ不満は生じます。仕事が楽だと思ったら給与が低かったり、ボーナスが無かったり、逆に収入が良ければ仕事内容がハードだったり、残業が多かったり休みが少なかったり…完璧な職場はありません。

人間関係も良好で、体力的にも精神的にも楽で、おまけに高給与で、看護師としてスキルアップできて、何の不満もない勤め先は存在しませんね。

働きやすさを優先すれば収入が犠牲になるかもしれないし、人間関係を優先すれば(離職率が低いため)、経営者がナースの給与を抑えるかもしれません。

そのように、まずは完璧な職場はないと考えるようにして下さい。老健に限らず、有料老人ホームでも特養でも、デイサービスでもグループホームでも辛いことはありますし、その辛さを乗り越えることで、初めてやり甲斐を感じられるのかもしれません。

納得いく転職を考えましょう

しかしながら…それでも退職したい、他の老健に転職したい、と考えることもあるでしょう。特に老健ナースの仕事が長く、「今の老健はちょっとおかしい、看護師として充実感を得られない、どうしても納得できないことがある」、そんなケースもありますよね。

もしくは病棟から老健に転職したけれども、やっぱり自分には合わなかった、病棟勤務に戻りたい、そのような看護師さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

あまりに短期間で転職を繰り返すことはおすすめしませんが、納得いくまで老健ナースとして勤務を続けたなら、思い切って転職を考えてみて下さい。

看護師の仕事は離職率が高いと言われています。夜勤が辛かったり、人間関係が厳しかったり、給与に不満があったりと退職理由は様々ですが、『離職率が高い=求人募集も多い』ということです。

東京や大阪のような都市部に限らず、全国的に看護師求人は募集されていますし、老健からの看護師ニーズも高いんですよね。転職を繰り返す過程で、総合的にメリットが多いと感じる老健に出合えることもありますし、それは転職するまで分かりません。

そして看護師として満足できる仕事、収入、良好な人間関係の老健で働くことが出来れば、長く勤務を続けられるのではないでしょうか。

老健を辞めたくなった時は

正社員、契約社員、アルバイト、パート、長期派遣、単発スポット派遣など、看護師の働き方は様々ですが、まずは積極的に求人を探す必要があります。

仕事探しのタイミングによっては、好条件の看護師求人が早期に見つかるかもしれませんし、すぐに転職を考えていなくても、まずは看護師紹介会社に登録すると良いですね。

そして新着求人をチェックしながら、退職のタイミングを考えても良いでしょう。

老健での看護師の仕事を辞めたくなった時は、そのように考えてみてはどうでしょうか。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る