介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老人保健施設と総合病院はどちらが大変?

病院と介護施設の違いについて

老人保健施設と総合病院はどちらが大変か
そもそも病院と施設を比べることが、おかしいかもしれません。
老人保健施設は、在宅復帰を目的に、リハビリを中心にした施設ですから、治療を必要としないところです。

総合病院は各診療科目ごとに病棟も外来も違いますから、専門分野だけの仕事になります。治療が中心ですし、忙しいのは病院でしょう。行っていることも違いますから、比べることが難しいですね。

総合病院が老人保健施設を併設してるところも少なくありません。治療を必要としないが、在宅へ復帰までにはもう少しリハビリが必要。逆に老人保健施設入所中に治療が必要な病気が発症など。お互い行き来できますから、情報も入りやすいですよね。

併設してる場合は、病院から施設、施設から病院への異動もあり得るので、どちらが忙しいかという疑問も出てくるかもしれませんね。

でも、これは本当に好みなんですが、急性期に携わってる人は老人保健施設で仕事をするのは避けたいという人もいますね。介護メインの仕事になりますから。どうしても苦手の人にとってはダメなようです。なので、老人保健施設のほうが大変という表現をします。

コミュニケーション能力は必須ですね

人によって考え方が違いますので、忙しくても病院がいい、のんびりと介護中心の老人保健施設がいいと思う人がいます。

仕事をしてみないと、自分に向いているかどうかは別です。もし異動などで働くことになった場合は、自分にあっているか試すいい機会になるでしょう。

大変なのはどの職場も同じです。入院も入所も高齢者が多い時代ですから、色んな勉強になりますし、自分自身を見つめる機会にもなります。

ただ、老人保健施設では家族が「預けてる」という意識の方も多く面会にも全く来ない、転所の話をするのに電話連絡をしても電話に出ない、せっかく特養が決まったのに断ってしまうなどという家族がいたり。家族とのお付き合いはとても重要なことになりますので、コミュニケーション能力は必須です。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る