介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老人保健施設と特別養護老人ホームの違いについて

リハビリテーションと終身援助

まず簡単に違いをいいますと、介護老人保健施設はリハビリテーションがメインです。その中で医療サービスを提供し、在宅への復帰を目的とした施設です。特別養護老人ホームは、終身に渡って援助を行う施設です。

介護老人保健施設(老健)は、医療を行いながらも、在宅への復帰を主な目的にしています。看護師、介護職員、医師、作業療法士、言語療法士、理学療法士と言った医療スタッフが従事しています。

入所期間も3~6ヶ月程度が目安となっています。医師がいますので基本的に、診察は施設長となります。しかし、内服、定期検診でかかりつけの病院での診察が必要なケースもあります。ご家族と一緒に診察へ行く、こういうことも出来ます。

特別養護老人ホーム(特養)に入所を希望している方の中には在宅への復帰が困難という方も多くいます。そのため、特養への申し込みをし、待機状態で老健へ入所している方もいます。

老健の中でも「短期入所療養介護(ショートステイ)」と言うものがあり、在宅で生活している方が利用できるサービスです。普段ケアを行っているご家族が出掛ける必要があるケース。ご家族のリフレッシュを目的に1週間程度を目安にショートステイを行うのです。

看護師は常時いますので、緊急時の対応も可能です。

看護師が常駐ではありません

施設によっては痰吸引など医療行為が必要な人は対応できないことから入所出来ないケースもあります。必ずしも看護師が常駐しているわけではありません。例えば夜勤の対応が出来ないケースがあります。介護福祉士など介護スタッフのみでの夜勤の場合、異常時の対応がすぐにはできない場合があるという意味でしょう。

終身とはいえ、入所時に入院が必要となります。入院期間が長くなると、退所を要求されることもあります。

ユニットケアを行う特養もあります。施設の居室を10人以下のグループに分け、少人数のグループで入浴、食事といったケアを行うものです。新型特養とも言われてますがアットホームな雰囲気で生活ができるため注目を浴びています。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る