介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護福祉士と看護師業務の違い

老人保健施設内の役割について

介護福祉士と看護師業務はどこが違うのか、一見するとわかりづらいですよね。両者とも老人保健施設では介護の仕事をしているようにも見えます。

確かに病院とは違って看護師が治療を行うことはありません。介護がメインの場所です。

施設によっては介護福祉士が検温をします。また、看護師がいないフロアの場合、睡眠前のお薬を配薬するのも介護福祉士の仕事になるケースがあります。

では、グレーゾーンとなっている配薬について考えてみましょう

看護師が準備までの責任をすべて負い、本来であれば配薬までを担当することになります。しかし「配るだけなら」と介護福祉士に配薬を任せているという施設も現実問題としてあります。

本来、利用者様へ配る薬を間違えないことが重要なのです。したがって、部長の考え方次第では誤薬を防ぐためにも介護福祉士には配薬をさせないという施設もあります。

そもそも、施設の方針によっては眠前に処方しないという施設もあります。そうなると介護福祉士側の負担が減るだけでなく、誤薬のリスクが減るために安全性が増すという点もポイントとして挙げられますね。看護師に比べると専門分野が異なるため、対応しかねる介護福祉士さんも多いのです。

転倒も非常に多い事故です

まず、介護福祉士は看護師に報告することになります。どういう状況で転倒したのか、それから、どういう痛みを訴えているのか聞く必要があります。

中には数日してから痛みを訴える方もいらっしゃいますので、経過観察には十分な注意が必要です。やはり、こうした時の適切な処置も看護師の専門分野であると言えます。こういった仕事が看護師の大きな役割にもなります。

老人保健施設は看護師だけが働いている訳ではありません。介護福祉士さん、ヘルパーさん、何も資格のないスタッフさんもいます。時にはそういった方への指導も行う必要があるでしょう。医療分野と介護分野の架け橋的な存在として施設内における看護師の役割には非常に大きなものがあるのです

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る