介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老人保健施設における看護師の夜勤について

夜勤がある老人保健施設もあります

夜勤がある老人保健施設もあります

しかし看護師側の希望を考慮した上でシフトを決めますから日勤常勤という人も居ますし、夜勤を希望する看護師は夜勤専従となります。
つまり、必ずしも夜勤をやらなければならないわけではありません。そのため、転職を考えている人はそれぞれの施設に確認をする方が良いでしょう

通常、1つの施設では1人の看護師が夜勤にあたります。
フロアでは発熱者がいれば、病院で受診をして様子観察が済んでいるはずですから決められた時間帯にフロアをラウンドして状態を確認することが看護師の務めです。

もし異常がある場合、受け入れてくれる病院を探したり施設長や待機しているナースへ連絡したり、あるいはご家族への連絡も必要になります。つまり、看護師の負担はとても大きいですよね。

また、老人保健施設では介護士に近い業務も行います。オムツの交換や食事介助なども行います。これは施設によりけりで、介護福祉士の人数が揃っている場合は看護の仕事のみに専念することが出来ますが、なかなか難しいというのが現実のところです。

本来、看護師が介護のフォローに回るとその分フロアの人員が減るわけですから看護師でなければならない仕事に絞るべきです。
もちろん、手が空いている時にはフォローするというのもありです。

デイサービスもありますね

デイサービスというものもありますよね。この場合は夜勤はありません。
あなたが夜勤の仕事がしたくないという理由で転職を考えている場合はデイサービスが良いでしょう。

ただし、デイサービスの利用者様はお客様です。きちんと気づかいをしながらコミュニケーションを図り、信頼関係を築いていきましょう。

また、レクリエーションを楽しみにしている利用者様も多いので、自分の特技などを踏まえ、利用者様を楽しませるための創意工夫が出来る人が望ましいです。アイディアマンである方が働きやすい職場ですね。

病院との大きな違いは治療に携わらないことです。もし、治療が必要かもしれないと言う時には看護師にとって力量が求められます。そのため、経験のある看護師さんの方が良いでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る