介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老人保健施設への転職をお考えの看護師さんへ

重要な役割を持つ老人保健施設

医療技術を必要としない老人保健施設。もし転職するとなった場合、スキルアップを目指している看護師としては向かない職場と言えるかもしれません。

しかし「採血が苦手だから転職した」という人も中にはいます。また「急性期の病棟は大変だから転職した」という人も居ます。

日本が高齢化社会になっていることもあり、社会に対する老人保健施設の役割は非常に重要なものです。

高齢者と携わる仕事がしたいという方に限らず、介護保険に力を入れて勉強したいという方にも向いています。その中で指導者として施設長の立場にまで昇進する人も居るのです。

治療をすることはまずありません。しかし、利用者様やそのご家族とのコミュニケーションの時間は病院に居る時よりも多くなります。リハビリ施設という名目でも、高齢者のリハビリはなかなか進展がないものです。現状維持が続いてしまうと看護師の役割とは何か疑問に感じてしまうこともあるかもしれません。

病院とは違う悩みを抱えるかもしれません

介護に関する問題では悩むことも多いと思います。例えば、ヘルパーさんの中にも無資格者も居ます。自己判断で仕事を進めたり、問題がある時に報告してくれなかったりという問題があります。

施設によっては勉強会を行っています。しかし、知識不足で看護師の仕事が進まないケースもしばしばあります。

認知症の方が入所されていることも多いため、専用のフロアもあります。1人暮らしの方は現実問題として在宅には戻ることが難しく、また、ご家族との生活も困難ですからリハビリよりも特養を待っている方が入所することが多いです

転職前にこういう話を聞くと大変そうだとイメージされるかもしれません。

しかし、老人保健施設で働く看護師の中には、今まで病院を転々とし続けていた方も居ます。そういう方の多くの意見は「病院には戻れない」と言うもの。介護の問題や利用者様との関係構築の悩みはあるでしょう。病院とは違う悩みを抱えることになると思いますが、それでも楽しいと感じることの方が多いのでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る