介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設の夜勤専従看護師求人探し

高日給を得やすい老健の夜勤専従看護師の仕事

介護老人保健施設の夜勤専従看護師求人をお探しの方へ。

介護老人保健施設は日勤のみの求人も多いですが、夜勤専従で募集していることもありますね。

1回の夜勤で2万5千円~3万円。中には3万5千円を超える求人もありますので、日勤専従よりも効率的に稼げるのではないでしょうか。

実際に夜勤専従看護師を募集している老健求人を見ても、正看護師以外に准看護師の募集も見られましたよ。給与的には正看護師の方が高い傾向にありますが、准看護師でも一度の夜勤で36,000円(交通費別支給)という求人案件も実際にあります。

また2交代制で16時~9時、17時~10時までの勤務時間が多いようですね。中には託児所有の老健求人も見られましたし、車通勤可、福利厚生充実に加え、寮制度ありの求人もありました。

人工呼吸や透析対応なし、准看で未経験から夜勤専従を希望できる老健求人もありますし、正社員以外にアルバイト、パートで夜勤専従として働いている看護師さんもいますね。

そのような介護老人保健施設の夜勤専従ナース求人に関しては、人材紹介会社、転職エージェントを利用して探すと良いでしょう

人材紹介会社は非公開求人も多数保有していますので、その中に好条件の夜勤専従求人が含まれているケースも多いんですよね。

紹介会社によっては、看護師求人の大半が非公開求人というデータもありますので、まずは会員登録から始めてみて下さい。

老健の夜勤専従看護師求人で確認したいポイント

老健の夜勤求人で確認したいポイントとして、看護師の仕事内容・役割、緊急時の対応、休憩や仮眠時間の有無、人間関係や雰囲気がありますね。

病棟の夜勤専従看護師と異なり、老健の場合、急変の利用者は少ないと思います。その分トイレ介助、排泄介助といった介護業務が入ることがありますし、看護師と介護スタッフの仕事の区分が大切になるんですよね。

老健に限らず特養や有料老人ホーム、デイサービスにも共通していますが、周囲の介護スタッフと看護師の関係がギクシャクしていると、なかなか仕事に集中できないことがあるようです。

特に夜勤は昼間よりも人数が少なくなると思いますので、細かな意思疎通が大切になると思います。

そのため、看護師紹介会社のコンサルタントに老健の雰囲気や人間関係について確認してみて下さい。もちろん外部の印象と実際に働いてみての印象は異なりますが、それでも明らかに暗い雰囲気の老健は分かるものですよね。

他にも休憩時間の有無、仮眠時間の有無もしっかり確認することが大切です。

仮眠に関しては、少しでも寝る方が体力回復できるナースもいれば、逆に仮眠時間が無い方が集中力を維持しやすい方もいますから、どちらが良いとは一概に言えません。

しかし、その老健がどのような方針を採っているかを確認することで、よりスムーズに働けるのではないでしょうか

まずは実際に看護師紹介会社に無料登録して、担当者に相談されてみて下さいね。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る