介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設と病院の違い

介護老人保健施設の役割

介護老人保健施設と病院の違いについてお伝えしているページです。

双方の違いを抑えることで、病院勤務、もしくは老健勤務の判断材料になりますね。そうは言っても、看護師さんの多くが病院の仕事内容に詳しいのではないでしょうか。

新人看護師の就職先の大半が病院ですし、まずは病棟でスキルを磨いたり、外来で経験を積むことになると思います。

それに対して介護老人保健施設は、在宅復帰するための中間施設なんですよね。医学的管理の下、リハビリを通じて機能回復の役割を担い、最終的には自宅復帰が出来るように支援しています。

病院での治療は必要としないけれども、自宅復帰にもう少しリハビリが必要な方を対象に運営されているのが介護老人保健施設です。平たく言えば、病院から退院後、自宅復帰を目指す高齢者向けの施設と言えます。

そのため看護師だけでなく、作業療法士、理学療法士、介護スタッフが働いているのも老健の特徴ですね。

常駐医師は入居者100名につき1人となっていますので、病院よりも数は少なくなりますが、それでも特別養護老人ホームや有料老人ホームより多いのではないでしょうか。

老健看護師は医療行為が少ない

老健看護師の役割として、入居者のバイタルチェック、服薬管理、急変時の対応などがありますが、病院のような医療行為は少ないと言えます。しかし病院以上に日常生活支援に携わるのも介護老人保健施設の特徴です。

食事介助、入浴介助、排泄介助の仕事が入ることもありますね。その辺りは勤務する老健の方針にもよりますが、最初から介助業務を行う気持ちで求人を探す方が良いでしょう。

もちろん仕事探しの段階で、看護業務に特化した老健求人が見つかることもありますし、看護師紹介会社を利用すれば希望条件を担当者に伝えられますよ。

今は介護老人保健施設の求人案件を保有する紹介会社も多いので、まずは無料登録から行ってみてはどうでしょうか?登録者限定で非公開求人の紹介を受けられる可能性もありますし、その中に好条件の老健求人が含まれていることもあるんですよね。

介護老人保健施設の仕事には向き不向きもありますが、

という方は老健勤務も視野に入れて頂ければと思います。

求人を掲載している介護老人保健施設にもよりますが、夜勤あり、夜勤無し日勤常勤など、色々な働き方で看護師求人が掲載されていますので、希望する働き方が可能な職場探しを看護師紹介会社に依頼してみてはいかがでしょうか。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る