介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老人保健施設に関して

老健施設について掲載しています

介護保険で利用できる入所サービスにはいろいろな施設があります。

よく聞くものは特別養護老人ホーム(以下、特養)や老人保健施設(以下、老健)、グループホーム(認知症対応共同生活介護)などがあります。

その中でも特養と老健は比べられられることが多く、特養は地方自治体や社会福祉法人が運営しており、高齢者の方が「終の住処」と言われて入所してから最後まで日常生活を営むことができます

老健は医療法人が運営しており、入院生活が長期に及び自宅での生活が困難になった高齢者の方が、入所中にリハビリテーションなどの訓練を受ける事で、退所後に家庭生活でスムーズに暮らせるように支援を行います。

老健は入所期間を3ヵ月ごとに契約を更新しなければいけませんので、特養のように「終の住処」ではありません。

老人保健施設は病院と在宅の架け橋

老健は、特養と同じように食事・排泄・入浴介助など日常生活全般の看護・介護が行われ、またイベントや催事、談話や娯楽などのプログラムが組まれて日常生活を安全で楽しく過ごせるよう工夫されているに施設です。

特養と違う点は医療法人が運営していることもあり、医師が常勤が設置つけられています。

看護師も特養より多く配置され、理学・作業療法士の配置も義務付けられていますので、家庭復帰のリハビリテーションに特化した施設と言えます。

入所者に対して短期集中リハビリテーションや認知症短期集中リハビリテーションなどを行われ、家族に対しては介護指導を行いますので、より入所者が家庭に受け入れられやすい環境を整えます。

老健を退所した後は、定期的に在宅での支援計画を介護支援専門員(ケアマネージャー)を中心に打ち合せをする事で、本人も家族も安心して自宅での生活が営めるよう支援を行います。

退所後には老健が提供している在宅サービスとして、デイケア(通所サービス)やショートステイ(短期入所)を受ける事ができます。

これらのサービスを使う事で要介護者は気分転換を、介護を担当される方の急な用事の際や一時的に介護から解放されてリフレッシュすることが出来ます。

このように、老健は病院と在宅の架け橋的な役割を持った施設なのです。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る