介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老人保健施設への入所に関して

老健の入所者の規定って?

介護保険制度で活用できる入所施設には、特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設:以下、特養)・老人保健施設(介護老人保健施設:以下、老健)・療養型医療施設の3施設があります。

各施設では、24時間365日体制で運営が行われています。

老健では、特養と同じように入所対象の方は65歳以上で要介護認定で要介護1から5と認定された方ですが、もし老健に入所中の方でも介護認定の更新で要支援・自立と判定された場合は退所しなくてはならなくなります

65歳未満の方でも、老化による特定疾病(がん・関節リウマチ・骨折を伴う骨粗鬆症・初老期における認知症・脳血管疾患・パーキンソン病など)に認定された40歳から64歳までの方は利用する事が可能です。

認知症の方は介護認定で要介護1以上に判定されていれば入所する事は出来ますが、老健は多くの人が入所している施設ですので、集団生活が難しい問題行動(迷惑行為や暴力行為)がみられる方の入所は困難です。

特養と老健の違いについて

特養と老健の違いは、特養は「終の住処」として終身まで入所する事が可能ですが、老健では「家庭生活の復帰」を目指し、病院と同じ様に基本的には3カ月ごとに入所契約が必要となります

しかし、老健でも施設によっては、長期間入所している方もおられます。

そのような方は介護保険の契約上3カ月の入所後に一度退所し、在宅に戻って数カ月を過ごした後に再入所したり、また、他の老健で3ヵ月契約して入退所した後に再入所されたりしています。

老健の入所生活期間は、回復期のリハビリから家庭生活に必要なリハビリへの移行期に当たり、身体機能訓練の継続による維持・改善を目標としている方が利用しています。

また要介護者が認知症や介護度の重度化によって、介護者が病気や事故で自宅での介護が難しくなった時に、老健に入所していただく事で介護者の負担を軽減します。

最近では、特養の待機場所として老健に入所される方が増加し、従来の老健の理念とはかけ離れているのが実情です。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る