介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老人保健施設の一日の流れについて

老健はシフト制が多いです

規則正しい送る事は健康な身体を維持する為にも大切な事ですよね。

老人保健施設(以下、老健)は、急性期が終了して病状は安定しているものの家庭での生活に不安がある方をを対象にした施設です。

病院から家庭への生活をスムーズに移行できるように様々な取り組みが行われ、病院と施設の中間的な施設として位置づけされているので、特別養護老人ホーム(以下、特養)と比べると、より医療的な関与(リハビリテーション)が多いです。

老健では勤務している職種が多く、健康管理の調整をする医師や看護師、生活全般の介助をする介護職、体力の現状維持や向上を目的とする作業療法士・理学療法士、食事の栄養を管理する管理栄養士・調理師などが入所者の機能向上や家庭へ復帰する為に連携を取り合って仕事を行います。

勤務体系は施設によって違いはありますが、シフト制で早番は7:00から16:00、日勤は9:00から18:00、遅番は11:00から20:00、夜勤は17:00から9:00となっているところが多いようです。

老人保健施設の具体的な一日の流れ

一日の流れとしては

6:00 起床   7:00 離床介助、食堂へ誘導   8:00 朝食

9:00~11:00 排泄介助・水分補給・入浴(昼食近くまで時間がかかる時もあります)・昼食準備

12:00:昼食

13:00~15:00 排泄介助・水分補給・入浴(午前に入れなかった方などが入浴されます)

15:00 おやつ

16:00~17:00 排泄介助・夕食準備

18:00 夕食・口腔ケア

19:00~21:00 排泄介助・就寝準備   21:00:消灯・就寝

21:00~5:00 排泄介助・夜間巡回(施設によって回数が違います)

このような流れですと老健も特養と同じよう感じですが、老健には医師による回診や、理学療法士・作業療法士による集団リハビリ・個別リハビリが行われます。

老健は契約期間が3ヵ月と短い期間で入所者の自宅復帰や日常に必要な体力の向上というのが本来の目的の施設なのですが、最近では特養の入所待機者として入所生活されている方が多いのが現状です。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る