介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老人保健施設の看護師の仕事

老健施設の仕事について

今までない規模で高齢化社会が進み、近年では医療機関以外の介護施設などでも看護師が活躍できる場が増えてきました。

介護保険法が施行されてから、各種老人ホームやグループホーム(認知症対応型共同生活介護)などの施設サービス、デイケア・デイサービス(通所介護)、訪問看護などの在宅サービスのような介護サービスが数多く展開されています。

お年寄りと接する事が得意で介護施設での勤務を考えている方やターミナルケアに関心がある方、仕事とプライベートを両立させたい方など、老人介護施設での勤務を考えている方もおられると思います。

老人保健施設(以下、老健)は介護施設の中の一施設で、急性期の治療が落ち着いた患者が在宅生活に復帰できるまでの受け皿として、リハビリを通して残存機能の維持や回復を目的とした医療を提供すると共に介護を実施する施設です。

勤務している職種は多く、医療関係の職種では医師(老健は医師1人の常勤が必須)・看護師・准看護師、在宅生活復帰に向けてのリハビリを行う理学・作業療法士、言語聴覚士(臨床心理士を配置している老健もあります)、管理栄養士・栄養士、福祉関係の職種として介護福祉士・生活支援相談員・社会福祉士・介護支援相談員(ケアマネージャー)などが勤務しています。

老健看護師の役割に関して

老健は医療法人が運営に携わっている事がほとんどですので、医療行為が必要な方も入所する事が可能です。

老健看護師の主な仕事内容は入所者の健康管理で、行われる医療行為はバイタルチェック、胃ろうなどの経管栄養法の施行、バルーンカテーテルやストーマの管理、インシュリン注射などへの対応、褥瘡処置などです。

また服薬管理・予薬、口腔ケアなどがあり、介護職員と共に食事や排泄、入浴介助を行うこともあります。

入所者の体調の急変時には、介護職員では対応が難しいので看護職が対応する事になります。

老健には、看護師にも夜勤があり、夜勤を希望する看護師は夜勤専従という形での雇用になります。

通常、1人の看護師が夜勤にあたりますが、状態が芳しくない入所者がいても日勤体で受診を済ませていますので、病院のように緊張を強いられる事は少ないようです。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る