介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老人保健施設で働く上で有利な資格って?

ケアマネージャー資格もおすすめです

老人保健施設(以下、老健)は、医療法人が運営している介護保険法に定められた介護施設のひとつです。

老健では病院やクリニックのように病気の治療が目的ではなく、急性期治療が終了し安定期に入った方が在宅生活へ復帰する為のリハビリを行う施設で、リハビリの他にも食事や排泄介助、入浴介助など日常生活に必要な介助を受ける事ができます。

老健では病院と違って状態が落ち着いた方が入所されていて医療行為も多くなく、介護職員と共に食事や入浴、排泄介助を行うことも多いです。

その為に老健の看護師としての役割が分かりづらく、困惑される看護師もおられると思います。

そこで介護施設で有利な資格を取得しておくと、安心して勤務が可能ですし給料アップにも繋がります。

介護施設で最も高位な資格は介護支援専門員(ケアマネジャー)ですが、この資格は看護師以外の職種でも取得する事ができます。

国家資格ではなく公的資格ですが、介護業界で働く為には大変有利な資格と言えます。

認知症の専門知識をもった看護師

介護保険法が施行されると共に設けられた資格で、介護認定で要支援・要介護と判定された本人や家族からの相談を受けて、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、様々な介護サービス事業者や介護施設との連絡・調整を行う仕事です。

利用者と介護サービス事業者・介護施設との橋渡し役となりますので、利用者や家族に対しての観察力やコミュニケーション力、介護サービス業者・介護施設との交渉力が必要となります。

看護師に比べて事務的な業務が主で、パソコン操作や電話の対応、頻繁に変わる法律や制度を常にチェックしてより良いケアプランを立てられるよう、努めなければいけませんがとてもやり甲斐がある資格です。

その他には、民間資格で認知症ケア専門士も介護施設で働く事をお考えなら検討の価値があると思います。

近年では認知症の方が介護施設への入所が増加し、介護施設の中には認知症の方を専門で介護する棟を設置しているところもありますので、認知症に関しての専門知識をもった看護師は歓迎されるでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る