介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護施設の種類について

介護施設の種類は豊富です

介護施設の種類について記載しているページです。

看護師として介護施設で働く上で、どのような介施設があるか事前に知ることはとても大切ですね。

介護施設の一覧を、それぞれの特徴や違いと共に以下に記載していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

有料老人ホーム
民間施設が運営する老人ホームです。利用者に対して日常的な生活サービス、機能訓練、イベントやレクリエーションを行っています。
住宅型で生活の場として提供しているホームもあれば、介護付のホームもありますね。
比較的元気な高齢者が利用していることが多く、看護師としてはサービス業の意識が必要になる職場です。
特別養護老人ホーム(特養)
特別養護老人ホーム、略して特養と呼ばれます。介護保険が使える施設サービスです。
施設が提供している内容は有料老人ホームに近いですが、入居に関しては、重度の要介護認定者が優先的に入れるという特徴があります。
要介護度が低い場合は、入居まで数百人待ちも珍しくありません(人口が多い都市の場合)
在宅介護が難しい、しかし有料老人ホームに入れる費用がない…その場合に利用されやすいのが特養ですね。
サービス付き高齢者向け住宅
地域包括システムとして設置されている高齢者向け居住施設です。介護保険と連携したサービスもあるため、介護が必要な高齢者も安心して入居できると人気です。
特養や有料老人ホームと比較すると、看護師求人は少ないかもしれません。
介護付老人保健施設(老健)
一般的に老健と呼ばれる施設です。特養と同じように介護保険における施設サービスの一つですね。病院と自宅の中間的な役割を果たし、入所期間は半年以内と短めになっています
特養や有料老人ホームと同じように、看護師求人も比較的多く見られます。
通所介護(デイサービス)
利用者が可能な限り自立した生活を送ることが出来るように、孤立感の解消や心身機能の維持回復を目的にした施設です。
家族の介護負担を軽減することも目的にしています。
特養や老健と同じく、介護保険が使えるサービスですね。
看護師募集も全国的に見られます。
グループホーム
地域密着型サービスの一つです。認知症の高齢者が1ユニット(5~9名)以下で共同生活を送っています。
軽費老人ホーム(ケアハウス)
60歳以上の方を対象に、介護は不要だけが自立した生活には不安がある方、家族の援助が困難な方を対象にした施設です。

他にも介護療養型医療施設(療養病床)や養護老人ホームなどがありますが、今後ますます高齢化社会は進行すると言われていますので、看護師ニーズも高くなるのではないでしょうか

看護師紹介会社を活用しましょう

国の方針としては、在宅介護、在宅ケアにシフトチェンジしていくようですから、その場合も訪問看護、訪問入浴などナースの活躍の場は増えていくと思います。

介護施設の看護師求人に関しては、まずは以下の人材紹介会社・転職求人サイトに問い合わせてみて下さいね。

ベネッセスタイルケア

ベネッセスタイルケアは常勤、非常勤、夜勤など、多彩な介護施設求人を扱っているサービスです。

ベネッセMCM

ベネッセMCMは単発バイト求人に強いサービスとして看護師さんに人気です。

上記2つはそれぞれ強みが異なりますので、双方に無料登録した上で、仕事探しを進めると良いでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る