介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

特養と老健でお悩みの看護師さんへ

特養と老健、どっちを選ぶ?

看護師として就職する際、特養と老健で悩むことがありますね。

特に仕事内容・役割の違いを考慮して、「自分にはどちらが向いているのだろう、将来を考えた時に特養と老健、どちらで働くと良いのだろう…」と考えるナースが多いようです。

特養は入居者の生活の場ですし、医療行為に関して老健ほど多くありません。それは医師の常駐や看護師配置基準でも分かりますね。

老健は医師の常駐が必要となっていますが、特養の場合は必要ありません。看護師の配置人数に関しても、特養より老健の方が多いです。そのため、病棟や外来から転職するには、医療行為が多い老健の方が向いているかもしれません。

逆に特養や有料老人ホームは入居者の「終の棲家」になることが多いので、介護系の仕事も入ることが多いですよ。

看護師以外にも介助業務に興味があり、その方向性でキャリアを築きたい、スキルアップしたいとお考えの看護師の場合は、特養の方が良いと思います。

逆に医療行為メインで働きたい場合は老健ですね。老健から病院・クリニックで転職することも現実的です。

その他、給与や時給に関しては、特養と老健であまり差がありませんし、それぞれメリット、デメリットはありますが、それは病院勤務でも同じですね。

育児と仕事を両立させたい場合は保育所や託児所が併設されている求人を探すようにして下さい。

その辺りの詳細な情報については看護師紹介会社で相談されてみて下さいね。

紹介会社は東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌など全国の看護師求人をカバーしていることが多いですし、介護施設の求人案件も豊富です。

「特養と老健で迷っているのですが…」といった相談にも乗ってもらえますので、まずは無料登録から始めると良いでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る