介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老健から老健への志望動機について

前向きな志望動機を伝える

老健から老健への志望動機ですが、後ろ向きな転職理由、ネガティブな動機は避けた方が良いですね。

特に、以前働いていた老健の誹謗中傷、給与の低さ、人間関係の悪さを履歴書に書くことはオススメ出来ません。

と言うのも、履歴書・職務経歴書に目を通したり、面接を行うのは採用担当者は「ウチで雇っても同じような感想を抱くのでは?」と考えるものです。

老健から老健に限らず、特養から特養でも同じですが、志望動機は前向きな内容にして下さい。

たとえ人間関係の悪さに悩んで転職する場合も、そのことをストレートに書かない方が良いですね。

「以前働いていた老健からステップアップするために志望しました」

「看護師として更に幅広いスキルを身に付けるために転職を考えました」

などの前向きな理由の方が採用に繋がりやすいと思います。

病院やクリニックから老健へ転職するケースよりも、老健から老健の方が志望動機に気を付ける必要があります。

と言うのも、同じ地域内の老健に働くことになると思いますので、もしかすると経営者同士、面識があるかもしれませんし、採用担当者も、あなたが働いていた老健の名前を聞いたことがあるかもしれません。

そのため、面接時に退職理由を聞かれても、前向きな理由を伝える方が良いですね

後ろ向きな転職理由の向こう側

給与に不満を持っていたり、人間関係で悩んでいるとしても、それだけが転職の理由ではないはずです。

給与や賞与が低いということは、今以上に条件の良い老健へ転職したい=仕事のやりがいを感じたい=スキルアップしたい、という理由になるでしょうし、人間関係も同じですね。

人間関係が良ければ、自然に仕事への意欲も高まりますから、結果的に老健で働くことのモチベーションがアップしたり、看護師として老健に関わることの目的意識が強化されることになるでしょう。

そのように、後ろ向きな理由の仕事探しであっても「その先にどうなりたいのか?」を考えることで、志望動機も自然に見えてくるのではないでしょうか。

実際に志望動機や自己PRを考える際は、看護師紹介会社のコンサルタントに相談されてみて下さい。

採用に繋がりやすい志望動機、転職理由を一緒に考えてもらえると思いますので、積極的に活用されると良いですね。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る