介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老健で働く前に 記事一覧

介護老人保健施設の看護師
介護老人保健施設看護師は、介護老人保健施設に入っている高齢者の体調管理が主な仕事になります。介護老人保健施設で働く看護師のことで、基本的には介護士と同様の業務になります。
介護老人保健施設の仕事内容・役割
介護老人保健施設の仕事内容・役割についてお伝え致します。介護老人保健施設看護師の仕事は、一言で言ってしまえば高齢者の介護と体調管理になります。施設を利用する高齢者の介護が基本業務です。
介護老人保健施設の看護師の年収・給料
介護老人保健施設の看護師の年収・給料はどのくらいなのでしょうか。介護老人保健施設の求人案件は人気が高いため、給料も高いのでは? と考えている方もいるようです。
介護老人保健施設の看護師の役割とは?
介護老人保健施設の看護師の役割は、利用者である高齢者の健康管理になります。介護老人保健施設を利用する高齢者の中には持病を抱える高齢者も多く、生活習慣病などでの薬を服用している方もいます。
介護老人保健施設の看護師は新人でも働ける?
介護老人保健施設看護師になりたいと考えている新人看護師もいるかもしれません。新卒や病院に就職をしたけれど、何か違うと感じて転職を考えている新人もいるでしょう。
介護老人保健施設の看護師特有の悩みとは?
介護老人保健施設で働く看護師にもそれなりに悩みがあります。病院で働いている看護師には多くの悩みがあるように、介護老人保健施設で働く看護師にも相応の悩みがあり、それらを抱えながら日々の仕事をこなしています。
介護老人保健施設の看護師のやりがい
介護老人保健施設の看護師のやりがいについて記載しています。多くは看護師として働く上で得られるやりがいになりますので、どうしても業務に関連することでやりがいを感じるようになります。
介護老人保健施設の看護師の配置基準について
介護老人保健施設の看護師の配置基準について記載しているページです。転職・就職をお考えの看護師さんは、求人探しを行うと同時に参考にして頂ければと思います。
介護老人保健施設の看護師へ転職するときの志望動機
介護老人保健施設へ転職する際の志望動機について。面接では様々な事を聞かれることになりますが、最も多く聞かれる質問が志望動機になりますので、しっかり対策しましょう。
介護老人保健施設の看護師の求人はどこで探す?
介護老人保健施設へ転職をするためには求人情報を探す必要があります。昨今ではインターネットを使った求人情報が主流になっており、求人誌や広告などを元にした転職活動はほとんど見られません。
老健で働く看護師のメリット
老健で働く看護師のメリットとして「残業や夜勤が少ない、土日休みで働きやすい」「入居者が回復、自立していく姿にやり甲斐を見出せる」などがありますね。
老健で働く看護師のデメリット
老健で働く看護師のデメリットとして「病棟勤務と比較して給与が低くなる」「看護師と介護士の仕事分担が難しい」などがありますね。老健は必ずしも夜勤があるとは限らないので収入が低い傾向にあります。
老健での看護師の仕事はコミュニケーションも重要
老健での看護師の仕事はコミュニケーションも重要ですね。老健には介護士、理学療法士、作業療法士などが働いていますので、スタッフ間のコミュニケーションがとても大切になります。
介護老人保健施設から病院へ戻りたい場合
介護老人保健施設の仕事には向き不向きがあります。病院から転職して初めて分かることも多いですね。予想以上に介護の仕事が多かった、周囲の介護士との関係が気まずい、夜勤手当が少ないなど…退職を考える理由は様々です。
看護師 老健と病院のギャップ
老健で勤めたことがないと、病院から老健に転職した際にギャップを感じることも少なくないようです。病院と老健では勤務内容も収入も違いがありますね。