介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設の看護師について

高齢化社会の波が押し寄せています

昨今、高齢化社会が何かと話題になります。
少子高齢化が進んだことで、若い世代が少なくなり、代わりに高齢者が増えたことで、経済バランスなども大きく変化することになります。

高齢化社会が進むことで出てくる問題の一つが、介護関連の問題になります。
記憶に新しい方もいるかもしれませんが、介護を巡っては痛ましい事件なども少なくなく、自宅介護に限界を感じる家庭も多くあります。 そのため、介護施設などが増える結果となっています。

介護老人保健施設看護師の仕事は、介護老人保健施設に入っている高齢者の体調管理が主な仕事になります。
介護老人保健施設看護師は介護老人保健施設で働く看護師のことで、基本的には介護士と同様の業務になります。

しかし、看護師にしか出来ない仕事もあり、通常の介護業務のほかに高齢者の体調管理などを行なう事が仕事になります。
具体的には、バイタルのチェックや服薬の管理、急変の対応や提携している医療機関との連携などです。

ほかに通常の介護業務があり、病院に比べれば、比較的楽な仕事の部類に入るとも言えます。

介護老人保健施で働くということ

介護老人保健施設看護師への転職が人気ですが、介護老人保健施設の看護師に人気が集まる理由の一つとして、残業や夜勤がないと言う勤務形態が理由となっています。

病院のように夜勤の必要がなく、取り立てて残業をする必要もないため、介護老人保健施設看護師は人気があります。
家庭と仕事を両立させたいと考えている看護師には理想の職場であると言えるでしょう。

介護老人保健施設看護師は職場環境だけを見れば理想的な環境ですが、その反面、収入面で大きく減少することになります。
夜勤や残業がないと言うことは、それに対しての手当がなくなると言う事でもあります。

看護師の給与の大半は各種手当によるものですので、残業や夜勤がなくなる分、収入面で減少することになります。
その部分で納得が出来れば、介護老人保健施設看護師は理想的な職場となります。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る