介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設の仕事について

高齢者の介護と体調管理を行います

介護老人保健施設看護師への転職を考えている方も多くいます。

病院での待遇に不満を感じていたり、職場の人間関係に疑問を持っている看護師は多く、職場を変えて環境を変えることを考える方も増えています。

昨今では病院だけではなく、介護施設での看護師の需要が激増しており、求人サイトなどでも介護施設での看護師の求人が目立ちます。

介護老人保健施設での看護師に需要が高まり、転職を考えている方も多いですが、介護老人保健施設看護師がどういった仕事なのかと言うことをきちんと理解しておかなければ、入職直後から戸惑うことになります。

介護老人保健施設看護師の仕事は、一言で言ってしまえば高齢者の介護と体調管理になります。
介護老人保健施設で働くと言うことは、施設を利用する高齢者の介護が基本業務にあり、看護師としての業務に健康管理がついてくる形になります。

具体的に介護老人保健施設看護師の業務としては、施設利用者の介護の他、バイタルチェックや服薬、食事の管理、地域医療期間との連携をとることが介護老人保健施設看護師の業務になります。

家庭と仕事を両立させやすい仕事です

看護師としての仕事と考えれば、比較的軽微な部類に入り、病院の看護師と同じ感覚で働けば、仕事量に戸惑うことになります。

また、介護老人保健施設にいる他のスタッフ、介護士との連携も重要な仕事の一つで、バッティングしやすい業務内容をいかにスムーズに行なうかと言う事も重要な仕事です。

特に食事管理などに関しては、介護士は日常業務として行なっている事もあり、看護師と意見が食い違うことも少なくはありません。

介護老人保健施設利用者が安心して日々を穏やかに過ごすことが出来るように、身の回りの世話などを行なう事が基本的な仕事であり、健康を維持するための体調管理を行う事で、介護老人保健施設利用者が安心して暮らしていくことが出来るようになります。

介護老人保健施設の看護師は需要の高い職業ですが、夜勤や残業がない分、病院看護師に比べて収入的には少なくなる傾向にあります。

しかし、残業や夜勤がない分、プライベートな時間を作りやすく、家庭と仕事を両立させやすいと言うのは、看護師にとって魅力的な職場環境であると言えるでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る