介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設の看護師の給料

収入面は減少傾向?

転職を考える看護師にとって、職場環境を変えることと同じように収入面での問題は重要なものです。

いくら職場環境が良くても、現状の収入よりも大幅に減少してしまう場合には、転職も躊躇してしまうものです。

介護老人保健施設への転職を考えている方もいるでしょうが、人気があるため、給料が高いのではないかと考えている方もいるようです。

はっきり言ってしまえば、介護老人保健施設への転職は収入面では減少する傾向にあります。
介護老人保健施設看護師が人気がある理由は、収入面ではなくその勤務形態が全てであると言えるでしょう。

病院勤務の場合、日勤、夜勤を繰り返し、日々、残業に追われる毎日ですが、介護老人保健施設の場合には特別に夜勤などはなく、残業も必要ないため、夜勤、残業がない環境になります。

休日に関してはシフトによって決められることは病院と大差ありませんが、夜勤や残業がないと言う環境は看護師にとって非常に魅力的な職場環境であると言えます。

ブランクある看護師は職場復帰のチャンスです

病院勤務の看護師の平均的な年収は430万前後であると言われていますが、対して介護老人保健施設看護師の平均的な年収は350万前後になります。

正規職員で月収25万程度、ボーナスなどの賞与を考えれば、平均的な年収と同額になるでしょう。
非正規職員、非常勤の場合、時給換算の給料になるため、そちらの平均額は1800円程度となっています。
地方や看護師としてのキャリア、勤続年数などによって多少の上下はあるでしょうが、概ね平均的な金額になるようです。

場合によっては病院勤務と100万近い年収差が出ることになりますので、その辺りを考えれば、収入面を考えての転職と言うよりも、自身の環境を考えての転職になると言う事になります。

家庭を持ち、育児に励む看護師の場合、出来るだけ時間を作りたいと考える方は多く、多少の年収低下もやむなしと考えるのであれば、介護老人保健施設看護師としての転職もいいでしょう。

また、出産などでブランクのある看護師にとって、医療技術をそれほどに必要としない介護老人保健施設看護師は、絶好の職場復帰のチャンスでもあります。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る