介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設の看護師の役割

病院とは看護師の役割が異なります

介護老人保健施設への転職を考えている看護師は多くいます。

介護施設への看護師配置が義務付けられたことで、病院だけではなく介護施設での看護師の需要が高まっています。

しかし、職場が変われば勝手も変わるものですから、病院における看護師の役割と介護老人保健施設における看護師の役割は違うものになります。その部分を理解せずに転職をすれば、色々と戸惑うことも多くなるでしょう。

病院において看護師の役割は、入院患者のケアになります。

入院患者がきちんと治療を受けることが出来る環境を整え、患者の健康をきちんと管理し、無事に退院することが出来るようにしっかりとケアをします。

診療科によって役割は多少違いますが、病院に勤務する看護師の大半は、入院患者や外来患者が無事に治療を受けられるようにサポートをする事が役割になります。

看護師のキャリアがあると働きやすい?

介護老人保健施設の看護師の役割は、利用者である高齢者の健康管理になります。
介護老人保健施設を利用する高齢者の中には持病を抱える高齢者も多く、生活習慣病などでの薬を服用している方もいます。

また、高齢者によっては食べる際に不都合もある事があり、そのための食事管理などを行なうのも介護老人保健施設看護師の役割になります。

総じて、介護老人保健施設看護師の役割は、施設を利用する高齢者が安心して健康を維持し、穏やかに日々を過ごすことが出来るように環境を整えることであると言えます。

病院と介護老人保健施設とで役割が似ていると思われるかもしれませんが、介護老人保健施設の看護師には基本的に医療技術などはほとんど必要なく、純粋に高齢者の健康を管理することが役割になります。

何かしら問題が発生し、医療が必要になった場合などには、属託医や近隣医療機関と連携を取って対処をすることになるため、看護師本人には高い医療技術は必要ありません。

その分、しっかりとした健康管理を行なう事が要求されますが、看護師としてのキャリアをある程度積んでいる看護師であれば、問題なく役割を全うする事が出来るでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る