介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設は新人看護師でも働ける?

利用者の健康管理をきちんと出来るスキル

介護老人保健施設の看護師の需要が高まっています。

高齢化社会に入ったことで、介護老人保健施設を含めた介護施設が増え、介護施設への看護師配置義務が定められたことで、必ず介護老人保健施設にも看護師が必要になったことが一因でもあります。

病院勤務の看護師と違い、医療的な技術はそれほど必要はなく、利用者の健康管理をきちんと出来るだけのスキルがあれば、介護老人保健施設看護師として働くことが出来ます。

介護老人保健施設看護師になりたいと考えている新人看護師もいるかもしれません。
新卒や病院に就職をしたけれど、何か違うと感じて転職を考えている新人もいるでしょう。

結論から言えば、介護老人保健施設看護師は新人でも問題なく働くことが出来ます

前述のように介護老人保健施設に必要なのは、医療行為ではなく、健康管理を行なうための医療従事者になります。
そのため、病院で当たり前のように必要になる質の高い看護も医療技術も介護老人保健施設では、さほど必要はなく、ごく初歩的な看護技術があれば十分に介護老人保健施設看護師として働くことが出来ます。

新人でも働きやすい環境と言えるでしょう

介護老人保健施設での看護師の業務は、具体的には利用者のバイタルチェックや服薬、食事管理、近隣医療機関との連携などが主なものとなり、時に点滴などが必要な利用者に処置をすることはあります。

医療技術が必要になるのはその程度で、何かしら問題が発生した場合には、即座に近隣医療機関へ搬送することになるため、介護老人保健施設看護師は状況の説明などをする程度の役割でしかありません。

そのため介護老人保健施設では、ほとんど基本的スキルを持っていない新人であっても十分に戦力として働くことが出来ます

ただし、新人でも働くことが出来る環境ではありますが、ある程度の知識、経験が必要になるのは当然の事になります。

そのため、キャリアのある看護師と新人看護師が同時に応募してきた場合には、経験者が優遇される傾向にありますので、新人にとっては介護老人保健施設看護師への門は決して広いとは言えないのが実情です。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る