介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設の看護師の悩みについて

人間関係の悩みが多いかもしれません

介護老人保健施設で働く看護師にもそれなりに悩みがあります。

病院で働いている看護師には多くの悩みがあるように、介護老人保健施設で働く看護師にも相応の悩みがあり、それらを抱えながら日々の仕事をこなしています。

介護老人保健施設の看護師が持つ悩みは病院の看護師が持つ悩みと似て非なるもので、双方が同じようで違う悩みを抱えています。

病院勤務の看護師の悩みの一つと言えば、やはり職場の人間関係になります。
新人の教育システムもあり、先輩看護師との関係がギスギスしやすいのが病院勤務の特徴とも言えます。

また、勤務形態によっては僻みや嫉妬などもあり、イジメに発展しやすいのも病院勤務の特徴であると言えるでしょう。
それらの悩みが原因で転職を考える看護師は多く、実際に人間関係が原因でうつ病を発症して退職してしまう看護師も少なくはありません。

介護士との連携が必須です

介護老人保健施設勤務の看護師の悩みも人間関係である事が多くあります。

介護老人保健施設勤務の看護師の場合、原因になるのは一言で言ってしまうと異業種間の意見の食い違い、といったところです。

つまりは、介護士と看護師という立場の違いから、業務に対する意見が割れてしまうことも少なくはありません。

どちらも入居者のためを思ってのことなのですが、特に食事管理などに関しては、介護士でも十分に出来るという自負から、看護師の意見を軽んじるケースもあるようで、それがお互いのストレスとなっている場合があります

また、介護老人保健施設では高齢者の介護がメイン業務になるため、どうしても介護士の比率が高くなり、少数派である看護師が遠慮しがちになることもあるようです。

そうした環境に置かれる看護師にとっては、一概に介護老人保健施設勤務が楽であると言うわけではありません。

どのような職場でもそれぞれの職場特有の悩みと言うものがあります。

立場や肩書きが変われば、それに対する偏見や妬みなどがあり、それを原因に互いの間に不必要な亀裂が生じることになります。

介護老人保健施設では介護士との連携が必須になりますので、こうした亀裂を生じさせないようにきちんとコミュニケーションをとっておくことも必要になります。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る