介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設の看護師のやりがい

やりがいは個々人で変わります

介護老人保健施設で働く看護師も多くいます。

介護老人保健施設への看護師の配置が義務付けられたことで、看護師の需要が高まり、病院からの転職などで介護老人保健施設で勤務する看護師も増えています。

職場が変われば役割も違い、業務が変わればやりがいも変わってきます。仕事をする上でやりがいと言うのは、とても大切なもので、やりがいを見出すことが出来ない仕事は長くは続けられません。

介護老人保健施設で働く看護師のやりがいは何か?

それは個々人の感覚によって変わってくるものです。

病院勤務の看護師であれば、入院患者が日々の治療などを経て、病気や怪我が改善していくことに対してやりがいを感じると言う方もいるでしょう。

外来の看護師であれば、診察に訪れる患者がスムーズ診察を受けられる環境を整え、安心して帰る患者を見ることでやりがいを感じることもあります。

診療科ごとにやりがいは変わりますが、いずれも患者との関わりによって得られるやりがいが多く、それを見出すことの出来る看護師は看護師として大きく成長することが出来ます。

利用者の多くが高齢者です

介護老人保健施設は病院ではないため、利用者の多くは患者ではなく高齢者になります。
ただ、肉体的に何かしらの問題を抱えている高齢者も多く、糖尿病や心臓疾患、高血圧などの生活習慣病を持っている利用者も多くいます。

介護老人保健施設で働く看護師の役目は、そうした利用者の健康管理を行う事で、介護老人保健施設勤務の看護師のやりがいも、その部分に関係してきます。

自分が担当する利用者が日々、健康的に日常を過ごすことが出来るのは、看護師である自分がきちんと健康管理をしていると言うことを自覚できれば、介護老人保健施設看護師としての誇りを持って、やりがいを見出すことが出来るでしょう。

介護老人保健施設看護師として働き、他の何かでやりがいを見出すことがあるかもしれません。しかし、多くは看護師として働く上で得られるやりがいになりますので、どうしても業務に関連することでやりがいを感じるようになります

高齢者との関わりでやりがいを感じられるように、日々の業務を真摯にこなすことが大切です。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る