介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設転職の志望動機について

看護師面接で志望動機を聞かれるでしょう

転職を考えている看護師は、かなり多いものです。

職場に対する不満は誰もが持つもので、待遇や職場の人間関係、業務に関する不満、勤務形態に対する不満など人それぞれです。

職場環境を改善するため、病院ではなく、介護老人保健施設への転職を考えている看護師も多くいます。

しかし、転職をするためには面接をクリアする必要があり、面接で聞かれる質問に対する対策を講じておかなければ、介護老人保健施設看護師として働くことは出来ません。

面接では様々な事を聞かれることになりますが、最も多く聞かれる質問が志望動機になります。

なぜその介護老人保健施設を選んだのか、なぜ介護老人保健施設として働こうと考えたのか。

こうした質問をする事で、医療、介護と言った問題にどういう意識を持っているのかと言うことを測ることが目的になります。

そのため、質問をする担当者の意図を汲み、理想的な回答を用意しておくことで印象をよくして転職を有利に進める事が出来るようになります。

介護老人保健施設の理念をチェックしましょう

介護老人保健施設と言えど、ボランティアでやっているわけではありません。
従業員が存在し、様々な経費が必要になります。

当然、利益を考えて運営をしていかなければならなくなり、そのための経営理念と言うものも存在します。

介護老人保健施設看護師への転職の志望動機としては、この経営理念をきちんと理解し、その経営理念に共感を覚えたと言うのが理想的であると言えます。

介護老人保健施設も一つの会社ですから、できれば会社にとって有用な人材を欲しています。
会社だってリスクを回避したいというのが本音ですので、会社の理念に賛同してくれる人材を探すことになります。

ですから、介護老人保健施設として働くためには面接の前に介護老人保健施設のホームページなどを見て、その経営理念、介護に関しての意識などをきちんと理解しておくといいでしょう。

志望動機としての回答でなくとも、経営理念やホームページの確認などは、会話の中でもいくつか話題に上ることがあります。
その際、きちんと受け答えを出来れば、それだけでも十分に印象をよくする事が出来ます。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る