介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設で働く看護師のメリット

老健は残業が少ないなどのメリットがあります

老健で働く看護師のメリットとして以下がありますね。


・残業や夜勤が少ない、土日休みで働きやすい
・入居者が回復、自立していく姿にやり甲斐を見出せる
・比較的施設の雰囲気が明るい
・特養や有料老人ホームと比較して病院に近い仕事が可能


老健は病棟勤務と比較して残業が少ないですし、夜勤なしの求人募集もありますね。

土日に休みを取りやすいケースもありますし、病棟の不規則なシフトで体調を崩したナースにもおすすめ出来ます。

もちろん老健によって夜勤や残業、土日祝日に休みが取れるかが変わってきますので、看護師紹介会社で確認されると良いでしょう。

次に老人保健施設は特別養護老人ホームや有料老人ホームと異なり、あくまで短期利用が前提の介護施設です。

入居者の状態を見て、3ヶ月ごとに更新が必要かどうか判断することになりますが、自宅復帰のためのリハビリ、その他の医療行為を提供する施設なので、入居者が徐々に回復する姿を見ることが出来ます。

特別養護老人ホームは施設によっては重たい空気が漂っていますが、老健は比較的明るい雰囲気で働きやすいんですよね。そのため、やり甲斐を持って働きやすいと言えるでしょう。

病院に近い働き方が出来る老健ナース

老健は特養や有料老人ホームより医療ケアが多く、病院に近い働き方が出来るという特徴があります。

他の施設と違って入居者数に応じて医師常駐が義務づけられていますし、理学療法士や作業療法士など、整形外科に近い雰囲気で働けることもあるようです。

将来的に病棟への転職を考えている、大学病院や総合病院、クリニックへの復帰を考えている場合、デイサービスやグループホーム、特養や有料から転職するよりも抵抗が薄いと言えるでしょう。

他にも老健のメリットとして、看護以外に介護のスキルと経験を積むことが出来ます。

どのくらい介助業務が入るかは施設によっても違いますが、周囲の介護士と協力しながら仕事を行うケースもありますので、幅広い知識と経験を積めるのではないでしょうか。

以上、老人保健施設で働くメリットについてお伝えしましたが、詳細は看護師紹介会社の担当者に聞いてみて下さい。

各老健施設の詳しい情報、求人項目に載っていない情報を教えてもらえることがありますし、積極的に活用すると良いでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る