介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設で働く看護師のデメリット

老健ナースの給与と役割分担に関するデメリット

老健で働く看護師のデメリットですが、


・病棟勤務と比較して給与が低くなる
・看護師と介護士の仕事分担が難しい
・病院よりも入所者一人ひとりと接する時間が長い


などがありますね。

病棟勤務はシフトに夜勤が入るので夜勤手当が付きますが、老健は必ずしも夜勤があるとは限りません。

そのことをメリットに感じるナースもいますが、夜勤を含めて働きたい、高給与で働きたいと思っている場合は注意が必要です。

求人項目に「夜勤あり」と記されていても、オンコール体制を取っていることもありますので、看護師紹介会社で担当者に聞いてみて下さいね。

次に看護師と介護士の仕事分担が難しいというデメリットがあります。明確に分かれている老健もあるとは思いますが、基本的に看護師も介助業務を行うことが多いんですよね。

介護士は看護師の仕事が出来ませんが、ナースは介護の仕事が可能なため、老健の仕事内容・役割がイメージと違った…介助業務が想像以上にハードだった…と感じることもあるでしょう。

そのことが原因で介護スタッフとの人間関係に亀裂が入ったり、仕事がスムーズに進まないことがありますので、夜勤体制の確認と共に、やはり看護師紹介会社に問い合わせると良いですね

介護経験が積めることをメリットに感じる看護師もいますが、あくまでナースの仕事にこだわって介護施設で働く場合は、求人選びに時間を掛けたり、人材紹介会社・転職求人サービスの担当者に相談しながら進めてみて下さい。

病院よりもコミュニケーションが親密になりやすい

最後に「病院よりも入所者一人ひとりと接する時間が長い」というデメリットがあります。これもメリット、デメリット、両方の要素が入っていますね。

一人ひとりと接する時間が長いので、病院よりも近い距離でコミュニケーションが取れることをメリットに感じる看護師もいれば、逆にコミュニケーションがあまり得意ではない看護師にはデメリットになるかもしれません。

老人保健施設を利用するのは原則的に65歳以上の高齢者なので、高齢者と接する経験がないまま転職すると、精神的に負担を抱えることになりかねません。

性格的にも様々な高齢者がいますし、高齢者には高齢者の考え方があるんですよね。派閥やグループも自然に出来上がりますし、年齢を重ねれば重ねるほど、子供のように無邪気になるものです。

縁側でニコニコしているイメージのお爺ちゃん、お婆ちゃんばかりではありませんので、その辺りは覚悟を持って働くようにして下さい。

私の祖父母も介護施設を利用していましたが、祖父は穏やかな性格で周囲とのトラブルはありませんでした。しかし祖母は気性が激しい上に落ち込みやすい性格なので、同部屋の入居者ともめ事があったり、頻繁に施設への不満を口にしていたんですね。

そのような高齢者もいますので、メリット・デメリット踏まえた上で、老健の求人募集を探してみて下さいね。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る