介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

老人保健施設の仕事はコミュニケーションも重要

周囲のスタッフとのコミュニケーションが大切

老健での看護師の仕事はコミュニケーションも重要ですね。

利用者とのコミュニケーションはもちろんですが、老健には介護士、理学療法士、作業療法士などが働いていますので、スタッフ間のコミュニケーションも大切になります。ケアマネージャーや社会福祉士との関係もありますね。

いかに協力しながら仕事を進められるか、それぞれの役割を受け入れながら看護師として働けるかどうかが重要と言えます。

老健は医師の常駐が義務づけられていないため、医療判断を看護師が行う機会が多いですし、その際に利用者の容体を総合的に考慮する必要があるんですよね。

一面から見るのではなく、リハビリの経過や介護の状況を勘案する必要がありますし、そのような情報は理学療法士や介護スタッフからもたらされることでしょう。

コミュニケーションが円滑でなければ情報収集に弊害が生じますし、結果的に看護師の仕事がしづらくなることも充分に考えられます。

利用者のメンタルケアも大切です

老健利用者の中には、日々のリハビリに疲れ、精神的な負担が重くなっている方もいます。そのような方々のメンタルケア(精神的なサポート)に関しても、看護師の大切な仕事になりますね。メンタルケアを行う上で…

・現在どのようなリハビリテーションを行っているのか
・介護計画はどうなっているのか
・医療・福祉など社会保障サービスのコーディネートは?

などの情報が必要なケースがありますし、やはり日頃から理学療法士や介護士、ケアマネや社会福祉士と密なコミュニケーションが非常に重要と言えますね。

有料老人ホームや特別養護老人ホーム、デイサービスでも介護スタッフとの関係がポイントになりますが、老健の場合は介護職員だけでなく、作業療法士、理学療法士など様々なスタッフが働いていますので、より幅広いコミュニケーションを心がける必要があります。

逆に言うと、コミュニケーションが得意な看護師さんは老健の仕事が向いていると言えるでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る