介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

介護老人保健施設から病院へ復帰する

看護師として病院へ復職するには?

介護老人保健施設の仕事には向き不向きがあります。病院から転職して初めて分かることも多いですね。

予想以上に介護の仕事が多かった、周囲の介護士との関係が気まずい、夜勤手当が少ないなど…退職を考える理由は様々です。

特に病院勤務が長い場合、どうしても病棟や外来の仕事と比較する機会が多く、結果的に介護老人保健施設の仕事が辛く感じる方が多いようです。

看護師資格があれば介護施設でも働けますし、超高齢化社会の日本ですから、看護師の仕事は引く手あまたです。

将来的に看護師余りの時代が来るとも言われていますが、高齢者人口の増加を思えば、老健や特養、デイサービスの求人募集が無くなることはないでしょう。

そしてナースとして幅を広げるため、病院以外のキャリアを築くため、介護老人保健施設に転職する方も増えていると思われます。看護師紹介会社の求人を検索しても、老健や有料老人ホーム、訪問入浴などの求人が目立ちますしね。

たとえ短期間でも、大学病院や総合病院、個人医院(クリニック)以外の施設で働いた経験は無駄になりませんし、「自分に老健は合わなかった…」と思うことで、病院復帰後、以前より高いモチベーションで働けるのではないでしょうか。

急性期を希望するか、療養型を希望するかで病棟ナースの仕事も変わりますし、手術室看護師や透析看護師など病院の仕事も幅広いですよね。以前クリニックに勤務していれば、再びクリニックへ戻ることも考えると思います。

いずれにしましても、「介護老人保健施設から病院へ戻りたい」と考えた場合は、看護師紹介会社を利用して下さい。

看護師紹介会社の利用がベスト

ナース紹介会社は多数の病院求人を保有していますし、現在の立場、状況を踏まえて、今後のキャリア形成に必要なアドバイスも行ってもらえると思います。

もし育児中の看護師さんなら、育児と仕事を両立しやすい病院求人、24時間託児所(保育所)有りの病棟求人を紹介してもらえる可能性もありますね。

「老健は夜勤手当が安い、仕事はハードでも急性期病棟で高賃金を得たい、看護師としてやり甲斐を感じたい…」、そのような希望も紹介会社のコンサルタントに伝えることが出来ますし、夜勤専従ナースの需要は高いですよ

ぜひ紹介会社を上手に活用して、病院求人を探してみて下さいね(紹介会社は無料で活用できます)

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る