介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

看護師 老健と病院のギャップ

老健勤務と病院勤務の違いは?

老健と病院のギャップに関してお話しますね。

老健も病院も看護師求人は出されていますが、見つけやすいのは病院でしょう。やはり母数が違いますし、採用する人数も圧倒的に病院が多いですからね。

しかし老健の募集に関しても、年間通して安定的に探すことが出来ます。有料老人ホームや特別養護老人ホームと比較しても、老健のナース求人は見つけやすいのではないでしょうか。

それでも、求人数で考えれば病院やクリニックの方が見つけやすいことは確かです。

次に仕事内容の比較ですが、老健は入居者の健康管理がメインになりますね。病院は採血や点滴を日常的に行いますが、老健は医療行為が少ないと言えます。バイタルチェックや服薬管理、胃ろう、褥瘡ケア、薬塗布、予薬、口腔ケアがメインになりますし、難しい医療行為に携わる機会は少ないでしょう。

その分、「看護師スキルを維持できない、病棟に復帰しづらい…」と悩む看護師もいますが、病棟や外来では経験できない介助業務を経験することで、幅広い技術が身に付くのではないでしょうか。ゆくゆく病棟復帰を考えている場合でも、老健で働く期間はムダにならないはずです。

夜勤の有無で表れる収入の差

上記のような仕事内容、役割のギャップを感じるケースが多いですが、収入に関しても病院と老健でギャップを覚えるかもしれません。

病院に正社員として勤務すれば夜勤があります。その分夜勤手当が加算されますので、高収入に繋がるのが魅力です。

1回の夜勤で3万円以上稼げることもありますし、中には夜勤専従を選ぶ方もいます。月10回の夜勤で月給30万円、もし日給35,000円なら、夜勤10回で35万円になりますし、充分に高収入ではないでしょうか。

しかし老健の場合、夜勤専従の看護師求人はそこまで多くありません。全く見つからないことはありませんが、急性期病棟のように急患が運ばれてくることはないですし、慢性期病棟のような真夜中の容体変化も少ないんですよね。

そのため、老健は介護スタッフが夜勤に入ることも多く、看護師は自宅でオンコール待機というケースもあります。

オンコール手当は夜勤手当と比較して金額が低いですし、実際に呼び出しがあった場合の出勤手当に関しても、1回の夜勤で稼げる日給より低いようです。

それでもオンコールの当番日は気を抜くことが出来ませんし、常に電話が繋がる場所にいる必要があります。旅行などで老健から遠い場所に宿泊したり、お酒を飲むことも出来ません。中には「夜勤で入る方が精神的にラクかも…」と感じる看護師さんもいます。その辺りも老健と病院のギャップと言えるのではないでしょうか。

どちらで働くにしても、メリットもあればデメリットもありますので、じっくり比較して職場選びを行って下さいね。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る