介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

日常的な健康管理のサポート

求められる仕事

高齢者が増えたことで、様々な問題が沸き起こっています。 その1つが看護師の人手不足でもあります。

古くから看護師の人手不足は指摘されており、慢性的な人員不足が医療機関において大きな問題とされていました。

しかし、高齢者が増えたことで、介護施設なども増え、それに伴って常駐する看護師の数が増えたことで、医療機関に留まらず、看護師の人手不足は社会全体の大きな問題となっています。

病院と介護老人保健施設においては、看護師に求められる仕事は大きく変わります。

病院での看護師の仕事は主に入院患者や外来患者のケア、医師のサポートがメインの仕事となります。

それぞれの患者がきちんと治療に専念出来るようにというケアを中心としたサポートですが、これに対して、介護老人保健施設での看護師の仕事は治療などのサポートではなく、日常的な健康管理のサポートとなります。

働きやすい職場

介護老人保健施設に入所している高齢者の多くは、何かしら体に問題を抱えている方が多く、そうした方の多くは服薬、投薬などの薬物治療をはじめ、食事制限やリハビリなどで健康管理を行っている方が大半となります。

そんな高齢者の日常の健康管理を行うのが介護老人保健施設における看護師の主な仕事となります。

朝、それぞれの入所者の体調をチェックし、前日と比較して問題がないかなどの確認をし、食事に関してはそれぞれの入所者の体調に合わせた調理がされているかなどの確認、食後に服薬をしたかなどのチェックと健康管理全般が看護師に求められます。

現在、介護老人保健施設などの介護施設への転職をする看護師が増加傾向にあると言われています。

病院勤務は非常に激務で、肉体的、精神的にも負担の大きい仕事であるとされていますが、介護老人保健施設では、病院に比べて肉体的、精神的負担が少なく、働きやすい職場であると言うのが大きな理由のようです。

しかし、病院よりも人の死に対面する機会の多い職場でもありますし、自分の不注意が入所者の命に直結するという責任は病院勤務にはないプレッシャーかもしれません。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る