介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

職場環境としては十分なメリット

5つに区分

病院と介護老人保健施設は、根本的に業務が違うものになります。

そのため、そこで働く看護師に求められる仕事も違うものとなります。
職場が変われば労働条件なども変わり、肉体的や精神的な負担も違うものとなります。

看護師というのは、昔から激務と言われている職業の1つでもあります。
白衣の天使と言う異名の影には、激務に耐える看護師たちの姿があるわけです。

さて通常、病院での勤務帯は3種類あって、日勤、準夜勤、夜勤となります。

これらはシフトによって組まれ、ローテーションで回される、というのが通常の病院における看護師の勤務帯となります。

このため、生活のリスムが崩れやすく、体調を崩してしまったり、精神的に不安定になる看護師も多くいるのが現状です。

それに対して介護老人保健施設での看護師の勤務帯は、早出、日勤、遅日勤、遅出、夜勤の5つに区分されることが多くなっています。
介護老人保健施設によっても勤務帯や勤務形態は違うでしょうが、概ね、上記のような勤務帯になっているようです。

勤務帯が増える事で、職員一人一人に対する負担が軽減されると言うのは、勤務帯が多いことのメリットであると言えます。

またある程度のローテーションで組まれる変化も、調整することで肉体的な負担を抑える事が出来ますし、何よりも病院勤務のような激務ではないため、精神的なストレスから開放されるというのは、職場環境としては十分なメリットであると言えます。

転職希望者が増えている

介護老人保健施設には夜間職員の配置が義務化されているなど、必ず日勤と夜勤が存在しますが、それらの労力を分散することで、個々人にかかる負担を減らすことが出来ます。

ですから、近年では老健への転職を考える看護師が増えてきています。

就労条件が許容範囲内で、かつ働きやすい環境の職場であれば、自然と優秀な人材も集まってくるものです。
そして集まった人材は、職場環境がよければ定着しますし、悪ければ早々に離れていきます。

勤続年数の長い人材が多ければ、それだけ職場環境のいい職場であると言う証明ともいえますから、 転職する場合にはそういったところに注目してみるといいでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る