介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

看護師が働くには恵まれた環境

高い水準の給料

介護老人保健施設は介護系施設の中でも看護師の給料の高い部類に入る職場になります。

介護施設といえば、仕事の割りには低賃金、と言うイメージの職場でもありますが、 看護師に限って言えば、一般サラリーマンと同等、あるいはそれ以上の給料をもらっていることが多いようです。

これも資格職の強みではありますが、病院で働くよりも介護老人保健施設は更に給与面で優遇されていることが多いと言われています。

職場別に給料の相場を見てみますと、病院勤務の場合、全国の看護師の平均的な年収は20代で400万程度、30代で460万程度となっているようです。

病院によって差はありあますが、概ねこれに近い金額となるでしょう。 病院勤務の場合には、看護師は残業の他、夜勤手当などがつけられることになります。 そのため、通常の基本給の他に手当てが加算されて、一般サラリーマンよりも高い水準の給料となります。

不況に強い職業

一方、介護系施設の場合、夜勤のない施設の場合には当然、夜勤手当と言うものがありません。

夜勤がなくてもオンコール手当と言う形で手当てがつけられることもありますが、夜勤手当に比べれば金額的には安くなってしまうので、病院勤務に比べると給料面ではどうしても低くなってしまいます。

それに対して、介護老人保健施設では遅番や夜勤など夜間に働くことが多いため、病院勤務と同等程度の夜勤手当を期待することが出来ます。

他の介護系施設に比べれば、若干、労働条件が厳しいと思われるかもしれませんが、病院勤務に比べれば、まだまだ環境はいいと言えます。

介護老人保健施設の看護師の平均的な月収は31万円前後とされていますから、同年代のサラリーマンよりも恵まれた待遇だと言えるしょう。 不況と言われる現代、この水準の給料を一般企業に求めるのはなかなかに難しく、年収300万程度のサラリーマンも多く存在するといわれています。

その中でも400万を越える年収が期待できる介護老人保健施設看護師は、不況に強い職業と言えます。

労働条件なども、事前に相談することである程度は融通が利きますから、そういった意味でも看護師が働くには恵まれた環境であると言えそうです。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る