介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

潜在看護師を職場復帰させる動き

結婚や育児が大きな理由

看護師不足が社会問題となっている昨今、潜在看護師を職場復帰させる動きが見られます。 看護師資格を持ちながら、看護師として勤務をしていない方を潜在看護師と呼びます。

有資格者の多くは病院や介護施設などで勤務をしていますが、何かしらの理由で勤務を続けることが困難となった時、 退職をして、勤務を行うに足る環境が整うまでは潜在看護師として生活を送るようになります。

潜在看護師となる多くの理由が、結婚や育児になります。

中でも出産や育児で仕事を継続することが困難な状況にある看護師が潜在看護師となり、育児がある程度落ち着き、仕事に復帰することが出来るまで専業主婦であったりパートをしながら生活を送るようになります。

また、看護師の多くは病院に勤務していることもあり、結婚を機に退職をする方も少なくはありません。その理由の多くが、仕事と家庭を両立させることが困難と言うものです。

通常、看護師は日勤と夜勤があり、それらがシフトで決められるため、家庭を持っていながらも夜勤で家を空けることが少なくはありません。

独身であれば、自分の都合で自宅を空けることがあってもかまいませんが、夫や子供など家族がいる場合には、そういうわけにもいきません。

同様の理由で、潜在看護師の中には職場復帰に二の足を踏んでいる方も多くいます。

介護老人保健施設が適している

潜在看護師のようにブランクのある看護師の職場復帰に最も適しているとされているのが介護老人保健施設だとされます。

介護老人保健施設は病院とは違い、入所者のバイタルケアが主な仕事になり、仕事に対する精神的な負担も大きく軽減されます。

また、日勤や夜勤、早番、遅番など勤務形態はありますが、それも事前に相談しておくことで、日勤のみの勤務、夜勤のみの勤務など調整することが出来るようになっていますから、家庭環境に合わせて勤務をすることも出来るようになります。

家庭と仕事を両立させるためには、相応の職場が必要になります。

看護師としての資格を有していながら、資格を活かす仕事が出来ないのはもどかしい気持ちにもなりますが、介護老人保健施設で職場復帰を行えば、看護師としての資格を活かしながら、家庭と仕事を両立させて仕事を続けることも出来るようになります。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る