介護老人保健施設 看護師の役割・仕事内容

介護施設からの看護師求人が増えている近年ですが、介護老人保健施設からの求人ニーズも多く見ることが出来ます。

定着率の良い介護付有料老人ホーム 看護師求人

労働環境と定着率の関係

定着率の良い介護付有料老人ホームは心地良く働けることが多いですね。

など労働環境が整っている介護付有料老人ホームが多いです。

逆に定着率が低い施設=離職率が高い施設になりますから、長期勤務の看護師、介護士が少ないことになりますね。そのような施設には、何かしら問題があるかもしれません。

私が昔働いていた職場も定着率が低く、すぐに社員が辞めていきました。常に新しいスタッフばかりで業務に詰まることも多く、経営者が怒鳴り散らして更に社員が辞めていく…という悪い循環が続いていたんですよね。

ひどい時には入社後1週間で退職したり、最短3日で体調不良による欠勤者が出ましたが(当然そのまま会社には来ませんでした)、離職率が高い職場には何かしらの問題があるものです。それは介護付有料老人ホームでも変わりませんね。

定着率の高い職場を見つけるには

面接で説明を受けた仕事内容と実際の業務が違いすぎたり、残業やオンコールが規定より多かったり、もしくはパワハラが激しい職場もあるでしょう。

どのような職場も完璧ではありません。休みが多ければ給与が低くなるのは当然ですし、逆に高収入の有料老人ホームは指導が厳しいかもしれませんね。

「どうしても今の職場に性格が合わない人がいる…」と悩んでいる看護師さんも多いと思いますが、転職によって解決される問題ではありません。人間5人に1人は相性が悪いと言われますし、そのような方とも上手く関係を築きながら仕事を進めるのが社会人です。

それは当然としても、あまりに定着率が低い職場には、何かしら大きな問題がある可能性があります。一旦そのようなサイクル(次から次へと人が辞めていく)に入ると、職場の雰囲気がどんよりしますし、常に誰かと誰かが争っていたり、もしくはピリピリした空気が流れているものです。

特に介護業界は日々、入居者と接する仕事ですから、険悪な空気が入居者に伝わってしまうかもしれません。介護施設に関する悲しいニュースを良く聞きますが、一旦有料老人ホームに入居すれば、そこが終の住処になる可能性が高いですよね。高い入居費用を払っているので、簡単に引越しも出来ませんし…。

そのような有料老人ホームで働くのは、看護師としても極力避けたいところでしょう。雰囲気に呑まれて、苦しみながら働くことになりかねません。

では、どうすれば定着率が高い介護付有料老人ホームの求人を見つけられるのでしょうか?

ポイントは看護師紹介会社の利用ですね。紹介会社には様々な求人募集が集まっていますので、その中に定着率の良い介護付有料老人ホームが含まれていることが多いですよ。

看護師紹介会社は無料で利用できますし、気軽に会員登録からはじめて下さいね。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

介護老人保健施設の看護師求人を見つけるおすすめ人材紹介会社 ランキングを見る